OHC
次のページへ 前のページへ 小説選択のページへ
第32話 「契約」 「おほぉ〜ようやく認めたようだなぁ〜〜ご褒美だ〜〜ほれほれっ!!」 中年デブ男の腰が荒々しく動く。 「ひぃぃ〜〜おし・・・り・・・うはぁ〜〜お尻の中で・・・くぅぅ〜〜アレがさらに〜〜大きくなって いくよぉぉ〜〜」 理沙の腸内で肉棒がさらに膨れ上がっていく。 肉棒と菊門の間からはじゅくじゅくと半透明の液が音を立ててシーツに垂れていた。 「ひぃひぃ〜〜すご・・・いぃ・・・すごいの〜〜〜アレが擦れて〜〜〜」 宙に浮いている身体がデブ男の動きに合わせて揺れ動く。 その揺れが一層肉棒を深く咥え込む。 アナルからの凄まじい快感が理沙の心を溶かしていく。 「すごい締め付けだ!いいぞ!!いいぞ!!雌豚〜〜アレじゃないぞ〜〜チ○ポだ!!言ってみろ!!」 「いやぁ・・・はぅ・・・ああぁ・・・はずか・・・いいぃ・・・」 「ケッ!いまさら何言ってやがる!!ほれほれっ!!グヒヒヒッ!!白目向きそうになるほど気持ちいい だろうが!ケツ穴こんなにヒクヒクさせておいて恥ずかしいもクソもあるかよ!!ほ〜れ!チ○ポ気持ち いいですって言ってみろ。」 デブ男のいやらしい言葉すら理沙の快感を高めていく。 デブ男の腰の動きは巧みだった。 肉棒を浅く早く動かしたと思うと、ずっしりと全身を貫く様な重い一撃を与えてくる。 好きでもない、それどころか憎くて憎くてたまらない相手なのに全身が震える程の快感が襲っていた。 「ひぃ〜ひぃ〜〜もう・・・やめて・・・あひぃ〜〜いいぃ〜〜すご・・・いいぃぃ〜〜〜」 チャイナドレスのボタンを外され、形の良い乳房が飛び出す。 「ゲヒヒヒッッ〜〜こんな見事なオ○パイは初めてだぜ〜〜」 すでに理沙の乳首はビンビンに立っていた。 その乳房や、乳首を丹念にこね回すように揉んでいく。 「ああああぁ〜〜〜いいぃ〜〜〜ひぃぃぃ〜〜」 気が狂いそうな程の快感に理沙は言葉にならない呻き声を上げることしかできなかった。 「狂う〜〜やめ・・・て・・・はひぃ〜〜このままじゃ・・・くひぃ〜〜〜狂っちゃ・・・う〜〜〜!」 首を横に振りながら気が狂ったように喘ぐ姿を見て中年デブ男は顔をニヤつかせていた。 「ほんと!変態だ!!こいつは〜〜よ〜しさっそく一発目を出させてもらうよ!!ほれほれほれっっ!!」 肉棒の動きが早く深くなっていく。 「うぁぁ〜〜あああぁぁ〜〜ひぃひぃ〜〜おかしく〜〜〜なるぅぅ〜〜〜こんなの〜〜〜しらないぃぃ〜 〜何かくるよ・・・なにかきちゃうぅぅ〜〜〜〜!!!!」 理沙もいつしか男の動きに合わせるように膣を締め付けていた。 「こいつは買いだ!!すげぇ〜締め付けだぜ!!てめぇは俺様の奴隷だ!!契約期間は俺様が主人だ!! ほれほれっっ!!わかったか!!雌豚!!!」 「はひぃ〜〜〜ひぃ〜〜ふか・・・いぃぃ〜〜〜子宮が〜〜〜子宮が押し上げられるぅぅぅ〜〜〜!!」 もう今の理沙には理性のカケラもなかった。 直腸と菊門を擦られる快感にどっぷりはまっていた。 何回も小さな絶頂を繰り返していた。 「雌豚!!答えんか!!」 「ひぎぎぃ〜〜乳首〜〜〜千切れるぅ〜〜〜ひぃ〜〜〜」 デブ男は理沙の乳首を指でひねった。 白目を向き、それすらも軽い絶頂に押し上げていた。 全身が性感帯になっていると言っても過言ではない。 「はふぅ〜〜ご主人・・・さまぁ〜〜ああぁ〜〜〜いいいぃぃ〜〜〜お尻最高ですぅぅ〜〜〜」 理沙の言葉にデブ男は満足げに腰の動きをさらに早めた。 「ああああぁぁぁ〜〜〜いいぃぃぃ〜〜〜お尻〜〜お尻〜〜気持ちいいぃぃ〜〜〜こんなの知らない〜〜 ひいぃぃぃ〜〜〜こんなに良いなんてぇ〜〜」 「ほれほれほれっっ!!イクぞ!!イクぞ!!!飲ませてやるからな!!」 デブ男も狂ったように腰を動かしていた。 パンパンパンと肉と肉がぶつかり合う音が部屋に響く。 「イクぞ!!いくぞ!!!!飲めよ!!飲めぇ!!!」 「いいいぃ〜〜〜はいぃ〜〜〜飲むの〜〜〜飲むのぉぉ〜〜精液飲みたいのぉぉ〜〜くるぅ〜〜〜くる くるぅぅぅぅ!!!!あああああああぁぁぁぁぁ!!!!!」 凄まじい程の快感に理沙は絶頂に押し上がった。 デブ男がア○ルから肉棒を引き抜き、理沙の口の前に持っていく。 理沙は肉棒を美味しそうに咥えると、すぐに射精が始まった。 (あああぁ・・・これが精液の味・・・おいしいぃぃ・・・この味好き・・・大好き・・・ああぁ・・・ またイクぅ・・・) ドロリと濃厚な精液の味を味わいながら理沙は夢の中にいる様な幸せな気分を味わっていた。 一口一口を美味しそうに飲む理沙の姿を中年デブ男は満足な顔をしていた。 プルルルル・・・プルルルル・・・カチャ! 「おい!理沙!!」 「ただいま留守にしております・・・」 (また留守電か・・・) 俺は授業が終わるとすぐに理沙の家に向かった。 インターホンを押しても返事もなかった。 携帯電話にもう何回もかけているがこちらも返事がない。 「病院かな・・・」 この近辺に大きな病院は一つしかない。 「くそっ!俺ってやつは・・・」 今更ながらに後悔する。 具合が悪そうだからついて行こうとしたが、俺と付き合う時に「恥ずかしいから付き合っていることは 内緒にしよ。」と言っていたのを、間抜けにもこんな事も忠実に守ってしまった。 「もしかして真奈美さんのところに行っているのかも・・・ああぁ〜〜もう!!あいつどこ行ったんだよ!!」 (ここでおとなしく待つか・・・病院へ行くか・・・会社に行くか・・・) 「やっぱ病院だろ!!」 携帯電話に出ないということは確率からして病院が一番可能性が高かった。 方向性が決まると俺はもう半分以下になっているであろう体力を使って病院に向かった。 「ひぃぃ〜〜〜好き〜〜〜精液大好き〜〜〜出して出してよ〜〜〜」 「ゲヒヒヒヒ〜〜〜出してやるぞ〜〜〜ホレホレ〜〜〜ホレッッ〜〜〜〜」 ドピュドピュ!! 「いいぃぃ〜〜〜〜イキますぅぅぅぅ〜〜〜お尻イクいくぅぅぅぅ!!!!」 膣で肉棒を締め付け精液が漏れないように無意識にしていた。 「あああぁぁ・・・あつ・・・いぃ・・・」 直腸に降り掛かる精液の感触を堪能しながら絶頂の余韻に浸っていた。 肉棒が抜け、菊門から精液が垂れていた。 理沙は垂れた菊門の精液を指ですくうと口に持っていき舌を出して指に付いた精液を舐めた。 もう理沙は自由になっていた。 だが、理沙は反撃するどころか逆に精液をねだってきたのである。 さすがに驚きを隠せなかったデブ男だったが、菅原の方をチラリと見た後に縄を解いたのである。 縄が外され、自由になると理沙はデブ男の股間に顔を埋めて肉棒をしゃぶりだしたのである。 そして今、数回目の射精をしたのである。 さすがのデブ男も疲れ果てて、肩で息をしていた。 「こ・・・こいつは・・・淫魔だな・・・」 指についている精液を舐めている姿を見て小声で言った。
次のページへ 前のページへ 小説選択のページへ